2011年04月25日

トイレで条文素読み

条文を素読みするかどうか、何度も迷った。
過去問を解きながら、条文を引く≠ニいうのが、理想的(時間の有効活用)だと考えていたからだ。

ところが、最近、択一クライマックスに取り組むようになってから、条文を引く機会が(過去問を解く時よりも)減ってしまった。

そこで、向田講師のブログの記事「細切れ時間の活用」を応用し、トイレで民法の条文読みを始めた。

民法にしたのは、過去問が条文の知識で解ける場合が結構あったというのと、将来、民法の知識をさらに深めたいと考えているから、というのが、もっともらしい理由。

それにしても、トイレで条文読み≠フおかげで、トイレに行くのが気後れすることがある。そういう時は、生理現象をガマンするよりは、条文を読むほうがラクだ!と思い直して、トイレに通っています。




そもそも、条文が、受験対策で重要な科目は何だろうか?

民法以外では、商法・会社法と民事訴訟法(民事執行法と民事保全法もか)になるのか……。

会社法は直前チェックで対応し、民訴(民執・民保)は過去問か、直前チェックで迷っているところ。択一クライマックスにするなら、直前チェックになると思う。

こうやって書きながら、記述対策が進まない不安が募ってくる……。

それもで、明日に向かってファイト!!

posted by マヨ at 23:12| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。