2011年10月27日

学習量を分割、その効果。


「択一クライマックス総整理」の問題集で、民法の〈相続〉が終わった(所要期間は3日間)。と同時に、会社法・商法も終了(所要期間は8日間)。

この日は、『伊藤真の民事訴訟法入門』も読了できた。

繰り返せば理解が深まるということが分かってきたので、達成感はそれほど大きくはないが、もっと繰り返そうという想いが強く湧いた。

民法では、学習量を分割した結果、短期間で終えることができたが、以前は、あまり分割すると、進度が遅くなってしまうので、分割するかどうかで迷うことが多かった。

実際、今回のように短期間で終えるという体験をしてみると、そのメリットを味わうことができた。今後は、短期間での終了に重きを置いて、分割を考えてみることにしたい。


posted by マヨ at 23:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。